3D 切断のメリット

建築物、スタジアム、橋梁などの構造用形状鋼の切断、ドーム形状、圧力容器用パイプの切断の際に、Hypertherm の 3D 切断技術は、最新の切断能力で 3D 切断作業をサポートします。

3D 切断技術は、コンピュータ制御されたロボットトーチ、あるいは切断ヘッドを使用して、様々な形状を切断できるよう設計されています。3D アプリケーションで切断される一般的な金属パーツには、構造用形状鋼、パイプ、チューブ、ドームが含まれます。従来、3D 形状を切断、マーキング、コープカット、ドリル、パンチ、および/またはせん断を行うには、複数の機械が必要でした。最新の自動 3D 切断技術は、手動操作の排除、切断速度の上昇、およびシステム稼働時間の改善により、お客様の生産性を劇的に向上させます。

3D 技術

多くのパイプおよび構造用鋼のロボットプラズマ切断アプリケーションは、長いトーチでは到達できない狭い切断スペースにうまく到達し、制御する必要があります。3D ロボットの動きは、従来の 2D 切断では見られなかった曲げや屈曲の増加により、リードセットへのストレスが高くなる可能性があります。Hypertherm は、より優れた柔軟性があり、極端な熱や溶融スプラッシュからの保護を提供する XPR™、HyPerformance® そして Powermax® プラズマシステム用の特別なリードセットとトーチを開発しました。さまざまな構造用鋼の切断技術により、構造部品の下から、またはビームのウェブ/フランジコーナーの内側から直接切断することができ、リードの近接性が増し、熱および溶融金属の吹き返しにさらされやすくなります。

Hypertherm の 3D 用 Robotmaster® CAD/CAM など、3D ソフトウェアプログラミングの開発によって、3D の仕事をプログラムするのにかかる時間が著しく短縮されました。以前は数週間かかっていた作業が数分で完了するようになり、今日のロボットと 3D 切断システムは非常に効率的になりました。

関連コンテンツ