読みやすい E コマンドでコーナーエンドの速度まで滑らかにランプダウン

この 2 行のラインが初期フィードレートを設定します。E コマンドがランピングを開始する前にこのフィードレートを設定する必要があります。

このラインには E コマンドが含まれています。長さ 0.075 インチのラインセグメントにわたって、フィードレートを初期の 3.62 ipm から通常の切断速度値 (ProNest で選択した品質設定からの) 9.05 ipm まで滑らかにランプアップします。注:長さの値と E コマンドの間にスペースが必要です。

このラインは、長さ 0.04 インチのラインセグメントにわたって、フィードレートを前回設定された 9.05 ipm の値から 3.62 ipm まで滑らかにランプダウンします。これは、コーナーに到達する前の最後のラインセグメントで、3.62 ipm の値はコーナーエンド速度値を表します。

このラインは、長さ 0.04 インチのラインセグメントにわたって、フィードレートを前回設定されたコーナーエンド速度値 3.62 ipm から、通常の切断速度値 9.05 ipm まで滑らかにランプアップして戻します。これは、コーナー後の最初のラインセグメントです。

これを各コーナーに繰り返します。

 

段階的アプローチでできたストリエーション (溝) を E コマンドで排除

ランピングなし

段階的ランピング

スムースランピング (E コード)