Hypertherm の SureCut™ 技術の一部である、HPRXD®  および XPR™ プラズマシステム用 True Bevel™ 技術は、軟鋼用工程アプリケーションです。工場でテストされ、簡単に取り付けが可能で、プラズマ開先切断工程から推量作業を排除します。True Bevel 技術を用いることで、新しい作業の設定が簡単に行え、正確で一貫した成果が得られます。

True Bevel 技術を使用した場合 True Bevel 技術を使用しない場合
  • 反復 1 回
  • True Bevel 技術を使用した場合
  • 容認可能な部品、製造開始準備完了
  • 反復 3 回
  • 既存の方法にでは、完成までの所要時間 1 時間以上
  • 容認できない部品、少なくとももう 1 回
    反復が必要

仕様

材料 軟鋼
角度範囲

HPR システムを使用した 最大 45° までの V および Y トップ切断向け
XPR システムを使用した 最大 50° までの V および Y トップ切断向け
最大 45° までの A 切断向け (両方)

V、A、および Y トップ切断図

True Bevel 技術は一般的なすべての開先ヘッドデザインに使用できます。

結果

  • 試行錯誤を繰り返す必要がないため、新しい作業の設定時間や素材の無駄が大幅に削減できます。
  • 精度や品質の一貫性を高めるために、推奨される開先切断の順序が提供されます。
  • 方程式の組み込まれた縮尺可能なパラメーター表を使って、新しい角度を簡単に追加することができます。

 

関連コンテンツ