Hypertherm が、2018 年の継続的な成長のための準備として、シニアリーダーシップの任命を発表

投稿日 2017/12/06
投稿者 Hypertherm

米国に本社を置く、工業用切断システムおよびソフトウェアの製造メーカーである Hypertherm は本日、リーダーシップチームの異動について発表しました。これらの異動は、2018年に向けて同社の戦略的ビジョンと拡大し続けるグローバルな顧客基盤を全面的に支えることを目的としています。

現在の国際事業担当バイス・プレジデント、ピート・ビッカーズは、2018年2月に退職を予定していることを発表しました。Hypertherm 入社から 20 年間、同氏は当社の世界における存在感と地位を大幅に高めるのに貢献してきました。また、溶接と切断の業界における彼の勤務年数は 45 年にもなります。

この退職に伴い、Hypertherm の拡大したグローバルな販売・マーケティング戦略をより緊密に統合するため、当社のウォータージェット事業のグローバルセールス&マーケティングディレクターであるヒッデ・ヴァン・ホーヴェンが、来年よりグローバルセールス&マーケティング担当バイス・プレジデントという新しく設置される役職に就くこととなりました。この新しい任務で、ヴァン・ホーヴェンは戦略的なエンドマーケット開発におけるイニシアチブを特に重視し、60・カ国以上の販売・マーケティングを監督します。同氏は 2005・年の・Hypertherm・入社以来、当社のヨーロッパ、中東、アフリカ (EMEA) 事業の管理職やマシンプラズマシステムチームのリーダーなど、数々のリーダーシップを務めてきました。

ヴァン・ホーヴェンの現在の役職であるウォータージェット事業のグローバルセールス&マーケティングディレクターは、EMEA 事業地域ディレクターとして Hypertherm の戦略的成長を率いてきたテオ・コルニールイェが引継ぐ予定です。それに伴い、EMEA の現 OEM 販売担当ディレクターであるマルコ・モスタートが EMEA 事業地域ディレクターに任命されます。

さらに、Hypertherm の北米販売担当の現バイス・プレジデント、ジェフ・デクロ-が、南北アメリカ地域担当バイス・プレジデントという新たな役割でさらなる職責を担うことになります。この役割において、Hypertherm のマネージメントチームメンバーであるデクローは、彼の現在の役割である北米地域の監督責任に加え、さらに同社の南米市場も監督することになります。デクローは、20 年以上前に Hypertherm に入社して以来、さまざまな指導的地位において勤務しており、当社の業界内での優れたリーダーシップ強化に貢献しています。

「これらの非常に重要な役割を果たすことができるリーダー的資質を持つ人材が、Hypertherm に幅広くかつ豊富にいるということは幸いです」と、社長兼 CEO のエヴァン・スミスは述べています。「私は、世界中のお客様に最高の産業用切断ソリューションを提供するという当社の使命を引き続き果たしていくうえで、このリーダーシップチームが当社の事業推進を実現してくれると確信しています。」

Hypertherm は、造船業、製造業、自動車修理業など、様々な業界で使用される工業用切断製品の設計と製造を行っています。製品ラインには、切断システムのほか、CNC 動作と高さコントロール、CAM ネスティングソフトウェア、ロボティクスソフトウェアと消耗部品があります。性能と信頼性に優れた Hypertherm のシステムは、お客様から信頼を寄せていただいており、何十万ものビジネスの生産性と収益性の向上に貢献してきました。ニューハンプシャー州に本社を置く弊社の革新的な切断技術に対する定評は、Hypertherm がウォーターインジェクション式プラズマ切断装置を発明した 1968年より築いてきたものです。弊社は、100% 社員による 持ち株会社で、「もっとも働きやすい会社」として常にランクインしています。世界各国の拠点や提携先を含めて 1,400 人以上の社員が働いています。

投稿日 2017/12/06
投稿者 Hypertherm