経営者の立場に立って働き、お客様の視点で考えるHypertherm では、社員は単なる被雇用者ではなく、会社の所有者です。社員が 100% を所有する会社であるため、当社では投資家ではなく顧客を最優先としています。そのため、当社ではすべての製品が最高品質で製造され、お客様に提供するサービスが他に類を見ない優れたものであることを確実にしています。さらに、一時解雇はしないという方針により、社員が仕事に集中できるように、また貴重な知識、経験、スキルが失われないようにしています。

ESOP 企業の優れた点とは

  • オーナーシップは、すべての社員が貢献して築き上げた富をすべての社員で共有する機会を生み出します。会社の経済的な成功、会社の株価、そして長期的な社員の ESOP (HSOP/GSVP) のバランスには高い相関関係があります。
  • 社員が会社のオーナーシップを持つことは、プロセス改善に対する社員の参加が積極的になるため、生産性の増加につながります。大きな成功を収めている Hypertherm の継続的改善活動 (Continuous Improvement Activities、CIA) はその優れた例のひとつです。
  • オーナーは、個人のパフォーマンスと会社の結果との関係をより良く理解しています。
  • オーナーは、単に脇から見守るだけでなく、プレイヤーとして事業に積極的に関与します。

社員オーナーシップの仕組み

寄付された食品で作られた灯台Hypertherm 株式所有プラン (Hypertherm Stock Ownership Plan、HSOP) および グローバル株式バリュープログラム (Global Stock Value Program、GSVP) は、長期間にわたり資格のある参加者に無料で Hypertherm 株または GSVP ユニットを割り当てるプランです。どちらのプランも、Hypertherm が有能な社員を引き付け、維持するために役立つ引退後貯蓄給付です。プラン参加者の給付資格は勤続3年後に確定します。Hypertherm での社員オーナーシップ文化は、Hypertherm のさまざまな役割、拠点、およびシフトの代表者で構成されるオーナーシップ・コミュニケーション・チームが育成しています。同チームでは、教育、通信、および祝賀を通じて HSOP と GSVP を促進しています。HSOP および GSVP のトレーニングセッションには、新入社員説明会や基礎的な再教育から、株券に関するトレーニングや引退を間近にした参加者に的を絞ったセッションまでさまざまなものがあります。同チームでは年間を通じて、新規参加者向けの昼食会の手配、雇用記念日の贈答品の授与、フード・ドライブや確定を祝う会などの特別行事の計画を行っています。

社員のオーナーシップを称賛する

ESOP新しい Hypertherm 株式バリューは毎年、春季会社会議で発表されます。Hypertherm の最高経営責任者である Evan Smith が、独立した外部鑑定会社の分析に基づいて株式の価値がどのように決定されるかを説明します。毎年行われる全国オーナーシップ月間では、社員がポスタースローガンコンテストを開催するほか、トレーニングや表彰イベントに参加したり、フード・ドライブを通じて地域コミュニティを支援したり、軽食を楽しめる一日の祝賀会を楽しみます。 

プレスリリースと受賞

New England ESOP Association Chapter Awards (ニューイングランド ESOP 協会支部賞)

  • 2016 Employee Owner of the Year Award (2016 年最優秀社員オーナー賞) – Jane Moss
  • 2015 Group Excellence Award (2015 年グループエクセレンス賞)
  • 2010 Group Excellence Award (2010 年グループエクセレンス賞)
  • 2009 Employee Owner of the Year Award (2009 年最優秀社員オーナー賞) – Heather Roberts

National Center of Employee Ownership (全国社員オーナーシップセンター、NCEO)

  • 2014 Innovations in Employee Ownership Award (2014 年社員オーナーシップイノベーション賞)

The ESOP Association (ESOP 協会) - Annual Awards for Communication Excellence (年次コミュニケーションエクセレンス賞、AACE)

  • 2008 Total Communications Program (2008 年総合コミュニケーションプログラム)、社員数 501 – 1000 人
  • 2006 Total Communications Program (2006 年総合コミュニケーションプログラム)、社員数 501 – 1000 人

The ESOP Association (ESOP 協会)

  • 2019 年 - エンプロイオウンド・カンパニー・オブ・ザ・イヤー(Employee Owned Company of the Year) 
  • 2010 年 - Hypertherm の 最高財務責任者が Employee Ownership Foundation Executive Committee (社員オーナーシップ財団実行委員会) に選出される
  • 2009 年 - Hypertherm の最高財務責任者が The ESOP Association (ESOP 協会) の理事会に選出される