作業者を使うより、効率的かつ収益性が高い作業に対しては、多くの産業が様々な設定でロボットや「加工セル」を使用しています。かつては、このような作業は大量生産に限られていました。それは、ロボットに作業方法を教えるのに時間と費用がかかり、一つの部品や仕事の準備を完了するのに、数週間かかることさえあったからです。しかし、Hypertherm のロボット用 Robotmaster® CAD/CAM など、最近のロボットソフトウェアプログラミング技術の発展によって、仕事をプログラムするのにかかる時間が、数週間から数分というように著しく短縮されました。その結果、生産量が少なくても、また複数の作業を組み合わせた場合でも、収益率を上げるために使用できることを多くの企業が認識するようになってきました。ロボットはこれまでより、ずっと一般的に使用されるようになりました。

一般的な使用方法には以下のものがあります。

  • ドームやビル建築用形鋼の切断
  • 自動車産業やその他の産業での溶接作業
  • 機械の操作
  • 塗装/スプレー塗布/鋳型の熱保護剤塗布など
  • ポリッシュ/ヤスリがけ/研磨など、ベルトサンダーや研磨用ディスク、ホイール、ラップ、ブラシ、パッドなど、様々な工具や技術を用いる作業、
  • プラスチック成型部品のバリ取り、
  • シールや接着剤の塗布

使用される加工技術:

  • プラズマ切断
  • レーザー切断
  • ウォータージェット切断
  • ルーティング
  • サンディング
  • 散布
  • テーピング

Robotmaster CAD/CAM ロボットソフトウェア

オフラインプログラミング、シミュレーション、コード生成をシームレスに統合して、エラーのないロボットプログラムを実現

詳細を見る

関連製品の表示

詳細を見る