平らなシートや板のパンチ加工工程は、通常、2 つのマシンフォーマットの 1 つを使って行われます。1 つは、ターレットパンチと呼ばれる独立型のパンチ機械で行う方法です。パンチング、曲線切断 (ニブリング)、タッピングを含む、自動操作が可能です。ターレットパンチマシンは、その汎用性のため、工具によるパンチ加工が効果的に行えます。この加工工程は、ワークピースに熱影響による損傷を与えずに、非常に正確な穴を開けることができます。

もうひとつは、X-Y プラズマ、レーザー、プレート加工に統合されたパンチ機能です。これらの加工プロセスを 1 つにまとめれば、加工業者は材料の取扱いにかかる時間を短縮でき、部品の品質を向上させ、優れた生産性を得られるようになります。さらに、こうした統合型マシンは設置面積も節約できます。

プラズマとパンチの組合せまたレーザーとパンチの組合せは、通常ワークピースを専用のパンチステーションに再配置するための追加能力が備わった従来の切断テーブルを使うものとなります。(これらの機械はリポジションマシンとも呼ばれています。)

プレート加工機は切断、パンチ加工、ドリル加工、その他のツールを1つの非常に多様性ある機械に統合するものです。

一般的な使用方法:

  • 電機構造部品とケース
  • 小型家電製品の金具
  • 構造的なボルト穴アプリケーション

使用される加工技術:

  • パンチング
  • タッピング

関連製品の表示

詳細を見る