自動切断

自動切断は、プラズマ、レーザー、ウォータージェット、パンチなど、切断工具が機械で作動する、多くの異なる切断処理を含みます。

ハンド切断

製品に金属を使用したり、重機に依存する業界のほとんどが、ハンド切断を使用しています。

ドリル機

ドリル加工はスタンドアローン型のドリル機を使って立形マシニング加工を行うのが一般的ですが、X-Y プラズマ、レーザー、プレート加工にドリル機能を統合するマシンフォーマットもあります。

パイプおよびチューブ

ロータリーパイプとパイプ切断機能が、独立型機械と、X-Y 切断機の追加オプション両方で、ご利用いただけるようになりました。

プレート機

プレート機はスチールプレートの加工を一ヶ所で行うものです。

パンチ加工工程

平らなシートや板のパンチ加工工程は、普通、2 つのマシンフォーマットの 1 つを使って行われます。

ロボット切断

作業者を使うより、効率的かつ収益性が高い作業に対しては、多くの産業が様々な設定でロボットや「加工セル」を使用しています。

トラック切断とガウジング

トラック切断とガウジングは、手作業で正確に行うのが困難かつ時間がかかる、細長く真っすぐな溝を掘るのに使用されます。

X-Y-Z 切断機

X-Y-Z 切断とガウジングは、しばしば X-Y 切断と呼ばれ、平板の迅速で正確な切断を行うために、CNC を搭載した切断機を使用します。

形鋼加工機

従来、形鋼加工には、異なる機能を持つ複数の機械が使用されていました。現在では、形鋼加工機のほとんどは、ロボティクスアームや連結式アームを使用し、コーピング、開先、スロット、穴開け、切り欠き、マーキングなどの処理を一台でこなします。