材料の種類と厚さ

  • 炭素鋼のみ
  • 最良の切断はガウジングから 152 mm 以上、品質のよい切断は 6 mm~51 mm まで

切断品質

  • 良好。ただし、オペレーターにスキルがあり、正しいスタンドオフを保持できる場合
  • 切断速度が遅いため、熱影響範囲が大きいのは一般的
  • 切断面は一般に粗い仕上げ。ただし、スキルのあるオペレーターであれば、切断面はプラズマと同様にクリーンでより直角に近くなる
  • オペレーターのスキルが卓越していない限り、ドロス除去が必要

生産性

  • 薄い (3/4 インチ未満) 材料を切断する場合はプラズマより切断プロセスに時間がかかる
  • 切断開始時点で予熱が必要

ランニングコスト

  • 高い、ガス価格の高さ、ボンベのレンタル料金、切断速度の遅さ
  • 厚い材料を切断すると運用コストがよりプラズマに匹敵する
  • 修理点検やメンテナンスの必要性が低い

資本設備のコスト

  • 中程度。ハンドツール以上、プラズマ以下
  • 品質のよいトーチと燃料ボンベ:$350 (ホビー用グレード)~$1,000 (業務用グレード)

ポータブル性

  • 中程度のポータブル性
  • 主要な電源には依存しないが、酸素ボンベが必要

結論

152 mm 以上の厚さの炭素鋼の切断が必要であれば、ガス溶断を考慮します。