大型の工業機械では、CNC は基本的には内部動作と機械制御ソフトウェアを備えた高度な産業用コンピュータで、様々な入力と出力を用いて切断装置に搭載されている駆動モーター、切断システム、高さコントロール、その他のツールを制御します。置のオペレーターと CAM (コンピュータ支援製造) ソフトウェアから指示を受け、その指示を完全なタイミングの電気信号に変換して、すべての機能を制御します。産業用 CNC は非常に堅牢に設計されており、汚れや電気的雑音のある厳しい環境でも長期間使用できる耐久性がありますが、こうした堅牢性はコストと複雑性を追加します。

より安価な軽工業用切断機テーブルは、一般用 PC やラップトップを CNC として使用していることがしばしばあります。これらのコンピュータは清潔で温度管理された環境で使用するように設計されているので、過酷な環境では信頼性の欠如が見られると思われがちですが、動作制御や多くの小型機械の入力や出力を、ある程度の制限はあるにしても、取り扱えるだけの十分な機能があります。一般用 PC が使用される場合は、システムには電気ノイズの発生レベルを下げるブローバックトーチ開始テクノロジーを用いた最新型のエアプラズマ切断装置を搭載していることが必要です。旧式のエアプラズマシステムや、高周波と高電圧あるいは静電開始を用いる産業用プラズマシステムは繊細な電子部品に大きな被害を与えることがあります。

CNC を選択する際には、インターフェイスが使いやすいものであることが大切です。テクノロジーが低度の多くの装置では標準のオフィス用キーボードとマウスを使って機能を制御しますが、ハイエンドの装置ではシンプルなタッチスクリーン制御を取り入れています。

CNC ソフトウェアはできる限り直観的に操作できるものでなければなりません。CNC ソフトウェアがルーティングやミリングなどの機械処理のために再利用されている場合は、この限りではありません。切断用にデザインされているユーザーインターフェイス (CNC ソフトウェア) のほうが学びやすく日々使いやすいものです。

CNC は切断装置の操作に重要な役割を担っています。CNC はユーザーに以下を提供できることが理想的です。

  • 簡単な操作
  • 一貫した信頼性のある性能
  • 強化された生産性
  • 柔軟なシステム設定の可能性
  • 正確な動作と処理時間
  • 簡便化されたシステム診断
  • 高度な切断工程制御
  • システムやツールへの統合化された通信機能
  • 切断業界のニーズ拡大に足並みを合わせるための製造メーカーによる定期的なソフトウェアのアップデート

次は THC について