コンピュータ数値制御

CNC はオペレーターと、装置の主要通信インターフェイスです。コンポーネントや、場合によってはオペレーターにも指示を下します。

CNC:

  • 部品プログラムをコマンド信号に変換し、距離、速度、装置の切断工程に関する正確な制御を行います。
  • 切断工程、動作や高さコントールの動き、安全コンポーネントなどの装置の機能を制御するために信号を送受信します。
  • オンラインの部品プログラミングを使用したり、オフラインの CAD/CAM ソフトウェアの部品プログラムを利用することも可能です。
  • コンポーネントにはハードウエアとソフトウェアを含みます。

CNC の仕組みについて学ぶ

トーチ高さコントロール

トーチ高さコントロール (THC) はアーク電圧を使用して、切断工具が材料に近すぎたり、遠すぎたりしないように調節します。

THC:

  • 最後にリトラクトされた位置を開始点として初期高さ検出 (IHS) を行い、板位置まで下げて、板位置を確立し、ピアス高さに引き込ませる
  • 切断工程中、切断工具の高さを調節して、必要な切断品質を達成する
  • ピアシング中は溶融金属からトーチを離し、接触が検出されると切断工程を停止して消耗部品の寿命を延長させる

THC は絶対に必要ではありませんが、投資に見合う価値が十分あります。正しく機能する高さコントロールを装備したシステムでは、数百におよぶ部品をプログラムしてネスティングし、システムが自動的に作業を完了するようにできます。

THC の仕組みについて学ぶ