材料の種類と厚さ

  • 軟鋼 25 mm まで
  • ステンレス 25 mm まで
  • 真鍮 6 mm まで
  • 銅 6 mm まで
  • アルミ 12 mm まで

切断システムにより 6 mm から 25 mmまで (ファイバー、CO2、またはプラズマ) 切断量、微調整切断の量、二次処理要件によって異なります。

切断品質

  • ほとんどの材料で卓越した切断品質
  • 微調整ではプラズマより優れた切断品質
  • 直径と厚さの比率が 1:1 未満の穴でも切断可能

生産性

  • 薄い材料で厚い材料よりも優れた生産性を達成
  • 様々な高品質の切断機械で広く利用可能

レーザー切断テクノロジーを他の切断テクノロジーと効果的に組み合わせて、非常に優れた生産性と、ほとんどの板アプリケーションの許容値と品質要件を上回る優れた成果を得ることができます。

ランニングコスト

  • プラズマより運用コストやメンテナンスコストがかかりません。

    部品ごとのコストとシフトごとの部品 - 3.5 mm 軟鋼

    部品ごとのコストとシフトごとの部品 - 3.5 mm 軟鋼

  • ファイバーレーザーは CO2 の 3 倍のエネルギー効率 - 維持管理・キャリブレーションへのミラー、レーザーガスの必要なし

資本設備のコスト

  • $350,000~$1,000,000+

    所有の総コスト - 5 年間の概観

    所有の総コスト - 5 年間の概観

ポータブル性

  • なし