産業用切断には 3 つの一般的なタイプがあります。これらは、熱、浸食、機械的切断です。

熱 (サーマル)

熱加工工程は、金属を熱で溶かして切断する方法です。この例には、ガス溶断、プラズマおよびレーザー切断があります。

その仕組み:

  • ガス溶断は、酸素とスチールの間の化学反応を生み出し、非常に高温 (約 1,800°F) で金属を溶解します。
ガス溶断
  • プラズマは、高温の電離ガスを使用して非常に高温の熱密度が高いアークを生成し、電導性のある材料を切断します。
プラズマを使用する HPR400XD
  • レーザーは、焦点を絞った光線の高電力ビームを使用して材料を溶かし、ガスで溶融した切りくずを吹き飛ばします。
ファイバーレーザー

浸食

浸食加工工程は、エア、水、その他の自然の力で素材を摩耗させて除去する方法です。ウォータージェット切断がこの例に該当します。

  • ウォータージェット切断は、高圧水を非常に小さいオリフィス (穴) から噴出させて高速の水流を生成します。水だけを使用する場合は、高速水流が材料を侵食して切断します。研磨ウォータージェット切断では高速水流がオリフィス通過後に混合される研磨材 (ガーネットが一般的) を加速させ、水と研磨物質の両方が材料を侵食して切断します。研磨ウォータージェット切断は、金属や石などの硬質の素材に必要とされます。
ウォータージェット

機械的

機械工具この加工工程は物理的な力を使用して材料を切断するものです。のこ挽き、シャーリング、ドリル開けがこの切断種類の例に該当します。

  • 機械工具は、刃物などの切断工具を、切断する材料に物理的に接触させることで切断します。

これらの切断工程によっては手動と自動の両方で使用できるものもあります。

手動またはハンド切断

このモードでは、トーチや切断ヘッドは手動で制御されます。  簡単なトレーニングを受けるだけで、すぐに装置を使って切断ができるようになります。

ハンド切断

自動切断

自動切断は、ソフトウェア、エレクトロニクス、その他のプログラム可能なメディアを使用して切断工程を指示します。切断されるものは、金属、スタイロフォーム、石製カウンタートップ、パイプなど、ほとんど何でも可能です。一般的な自動切断システムには、CNC 切断機、鋼管切断機、産業用ロボットなどが搭載されています。

自動切断

 

どの加工工程や方法を使用するか定かでない場合

ここでは以下に関する有益な情報を提供します。