生産性はしばしば切断速度だけを重視する誤った見方をされます。それ以外にも考慮すべき要素があります。例:

  • 必要なプログラミングにかかる時間
  • 切断装置で段取りにかかる時間
  • 切断のためにシステムを準備 (予熱) するのにかかる時間
  • 装置で使用できる切断ヘッド数
  • ネスティングソフトウェアの効率と切断時間の利用を最大限にし不要な切断ヘッドの動きを低減できる機能
  • システムが切断中に部品を安全に取り出せる機能
  • 単一の装置で複数の加工ができる機能 - 例、曲線の切断、スロットや穴の内部の切断、開先切断
  • 移動中のプリフローや IHS など並行してタスクを進めることができるシステムの統合は加工時間を改善できます。
  • 研磨などの二次作業にかかる時間は、切断装置が作業を完了した部品の品質が改善することで、削減または排除が可能です。

 

次は運用コストです