スクラップヤードの作業を Duramax Hyamp ロングトーチで、50% 高速で安全に完了

投稿日 2017/06/29
投稿者 Hypertherm

抱えていた課題

スクラップヤードでは、数台の旧式の Powermax1650® プラズマシステムをスクラップカットアップに使用していました。切断プロセス自体は迅速で効率的である一方、標準のハンドトーチはオペレーターを高熱に曝し、ワークピースによっては、手の届きにくい場所が発生していました。そのため、オペレーターははしごから作業をしなければならなかったり、不自然な姿勢で切断を行うことがありました。

解決策

Powermax125®Duramax® Hyamp™ ロングトーチにアップグレードしたことで、オペレーターははしごに登ったり、体を曲げたり、屈んだりすることなく手の届きにくい場所でもアクセスすることができるようになり、同じ作業がより安全に 50% も早く完了することができるようになりました。

結果

さらに、人間工学的な利点とオペレーターの快適さに加えて、Duramax Hyamp ロングトーチは、切断部分からの適切な距離を保ち、高熱への暴露を最小限にし、落ちてくるスクラップにぶつかる危険を減らすことにリ、オペレーターに安全な切断を可能にします。

投稿日 2017/06/29
投稿者 Hypertherm