鉄鋼加工業者は、Duramax Hyamp ロングトーチを使用してスケルトン除去のスピードアップができます

投稿日 2017/06/29
投稿者 Hypertherm

抱えていた課題

金属加工業者は、マシン切断の後、酸素アセチレンガスでハンドトーチを使用してスケルトンの切断を行っていました。これは効率が悪く、時間がかかる作業です。さらに悪いことに、オペレーターは長い時間テーブルの上に腰を曲げていたので、背中の痛みに悩んでいました。

解決策

作業所では、ガス溶断からPowermax105® プラズマシステムと 1.2 m Duramax® Hyamp™ ロングトーチに切り替えたところ、直ちに生産性とオペレーターの安全性が改善されました。

オペレーターは、「ロングトーチは素晴らしいです。ガス溶断よりずっと早く作業ができ、酸素アセチレンガストーチのように点火するためにポケットにストライカーを持ち歩く必要がありません。体を曲げる必要もないので、背中の痛みがなくなりました。スケルトンの端面からドラッグ切断をします。これは HPR260XD® と同じくらいすばやく切断します。プロフィールを切断した後すぐにスクラップ切断ができるので、少ないダウンタイムで次のプレート作業に移ることができます。

結果

互換性のあるPowermax® エアプラズマと Duramax Hyamp ロングトーチは、マシン切断の後のクリーンアップをするのに最適な組み合わせです。安全で迅速な作業が可能で、より収益性の高いオペレーションが得られます。

  • 安全性:Duramax Hyamp ロングトーチにより、オペレーターはテーブルの脇の床に自然な姿勢で立って作業をすることができ、人間工学的な問題を防ぎ、転倒の危険性を排除します。体を屈める必要はなく、テーブルの上に膝づいたり立ったりする必要はありません。
  • 生産性:高速な切断スピードに加えて、CNC 切断時間の増加を促進するスケルトンのより迅速な取り除き、生産性の増加、ビジネスの収益性向上を提供します。
投稿日 2017/06/29
投稿者 Hypertherm