金属サービスセンターがオペレーションの合理化に ProNest ソフトウェアを活用

投稿日 2019/01/02
投稿者 Hypertherm

会社と事業内容

DenCol Supply 社は米国のコロラド州とロッキー山脈地域に拠点を置く大手金属サービスセンターです。同社は大きな金属在庫を抱え、注文毎に高品質の金属部品を製造しています。

抱えていた課題

DenCol 社は、その優れたサービスを誇りとし、最先端のプロファイル加工装置を使用しています。それには、Amada® レーザー、2 台の Peddinghaus FDB 2500 プレート機、Whitney パンチプラズマ、ESAB® プラズマ、ガス溶断機などが含まれます。

これらの機械ブランドと切断プロセスを活用する同社は、様々な機械製造業者が供給する多くのソフトウェアプログラムを使用してきました。しかし、これは理想的なソリューションではありませんでした。DenCol 社のドウェイン・デック社長はこう語っています。「トレーニングやメンテナンス関連の問題は、長期にわたるコストにつながり、それが私たちの競争力に悪影響をもたらすものとなっていました。会社の成功には、単独の独立型のソフトウェアソリューションを見つける必要があると気付いたのです。」

解決策

DenCol 社は様々な選択肢を検討した後、Hypertherm の ProNest® ネスティングソフトウェアを採用することを決定しました。DenCol 社がこれまで作成したネストを活用しながら、DenCol 社の全ての切断プロセスと機械ブランド用に CNC コードを作成可能なプログラミングソリューションとして、ProNest が最も汎用性が高く、長期にわたって高いコスト効果をもたらす選択肢であることがわかりました。

結果

ProNest の採用に成功し、お客様への対応を改善でき、また収益も高められるようになったことをドウェイン・デック社長は喜んでいます。「ProNest は会社の切断機の統合を助けてくれました。1 つのプログラミングソリューションで対応可能なため、プログラミング時間および作業者トレーニング時間が大幅に短縮されます。さらに、お客様の要望に沿ったより良い仕事ができるようになりました。」

ダウンロード
投稿日 2019/01/02
投稿者 Hypertherm