Markingマーキングは、部品に数字や文字をエッチングしたり、穴あけ位置や溶接箇所を表示する作業です。金属加工業者や製造業者が日常的に行っています。マーキングには、スタンピング機やプリンターのなどの手動方式のほか、レーザーやプラズマシステムを含め、数多くのプロセスを使用できます。

手動のマーキング機は、初期コストの点から最も手ごろな方法ですが、手動方式は速度が遅く、また再現性に乏しいため、大量の部品をマーキングする製造業者には実用的ではありません。

プリンティングはより自動化され、クリーンな部品やすでに塗装済みの部品に向いた選択肢ですが、運用コストが高く、機械油などの残留物がわずかでもある部品には使用できません。また、プリンティングは材料に目に見える刻み込みが施されません。マーキング後に塗装する材料や酸化したり錆びる可能性がある部品には適切ではありません。

のレーザーはマーキングに優れていますが、多額な資本投資が必要となります。すでにプラズマを使用している場合は、同じテーブルでプラズママーキングとプラズマ切断を行うことで、多くの時間を節約し、材料の取り扱い時間を減らすことができます。Hypertherm では、軟鋼、ステンレス、またはアルミなどの金属表面への一時的または永続的なマーキング用に特別設計された、ArcWriter® および Powermax45® XP プラズマシステムなどの製品を提供しています。パウダーマーキング装置やインクマーキング装置と比べ、これらの製品は濡れたプレートや油が付着したプレートへのマーキングが可能で、パウダーを使用しないため詰まりの問題がなく、特に湿度の高い環境に適しています。

マーキングアプリケーションの例:

  • 部品への特定ロット番号のシリアル番号のマーキング
  • 材料への名前のエッチング
  • 溶接箇所を示す線や曲げの加工線
  • ドリル穴あけを容易にするセンターディンプルの作成

関連製品の閲覧

詳細を見る

関連コンテンツ