開先切断とはどのようなものですか?

開先切断は、材料端面を垂直ではなく、角度をつけて切断するプロセスです。これは、端面の表面積を増やし、より強くしっかりと溶接できるようにするために行われます。開先端面には多くの異なった種類があります。業界では、切断の断面形状に最も似ている英文字で表されています。一般的な開先切断の種類には、V、A、X、Y トップ、Y ボトム、および K 切断が含まれます。

ハンド切断ツールを使用して開先端面を切断することも可能ですが、ほとんどの場合は特殊な開先トーチ、または CNC 切断機テーブル、パイプおよびチューブ切断機、またはビームプロセス機に取り付けられた切断ヘッドで切断します。

開先切断には数多くの種類があるため、開先切断には従来、試行錯誤の繰り返しが必要でした。ところが、Hypertherm の True Bevel™ のような新しい技術により、開先切断の速度、繰り返し性、精度が大幅に向上しました。これは、開先切断トーチまたは切断ヘッドの動きを制御するソフトウェアに、パラメータを組み込むことによって実現されています。Hypertherm のProNest® ソフトウェアによって、開先部品の作製または CAD からの自動インポートが可能になります。さらに、これは Hypertherm の True Bevel 技術に完全に対応する唯一のソフトウェアとなっています。

開先切断における傾向:

  • 開先端面は、溶接準備やその他の最終組立に不可欠
  • 生産性向上の需要と、増加する労働費や熟練オペレーター不足が相まって、企業は自動開先切断技術を採用
  • 自動技術により精度と繰返し性が向上し、スループットが増加

関連製品の閲覧

詳細を見る