切断作業の大部分は、切断トーチの消耗部品の状態と寿命に関連しています。消耗部品が摩耗すると、切断端面の直角度、カーフ幅/切りしろ (部品サイズ)、ドロス形成など、切断品質が変化します。

現在最も優れたテクノロジーを使用するトーチの消耗部品寿命は、数十年前に設計されたトーチの 10 倍以上となっていますが、いかなるプラズマ切断アプリケーションにおいても、装置のオペレーターが消耗部品の状態と、切断品質と消耗部品の寿命に影響する切断パラメータに注意を払うことが重要です。これにより、切断ごとのコストを最小に、切断品質を最高にすることができます。

関連コンテンツ

Powermax の消耗部品に関する学習

Powermax® の消耗部品の交換が必要な理由と時期を学ぶための短いビデオチュートリアル。

詳細を見る