エクスパンドメタルの切断について理解すべきこと

ほとんどの Powermax® エアプラズマシステムには、隙間や穴がある材料を切断できるようにエクスパンドメタルモードが付いています。このモードでは、システムが切断とパイロット電流を素早く切り替えるのでアークを消さずに穴を簡単に通過して切断ができます。これにより消耗部品の寿命が劇的に伸びます。ハンドトーチを使用したエクスパンドメタルの切断は簡単です。システム前面のダイアルをエクスパンドメタルモードに合わせ、トーチを切断する金属に配置してトリガーを引きます。マシン切断でも同様に簡単ですが、まずトーチ高さコントロールをオフにするのを忘れないでください。これを忘れると、材料の開口部分をトーチが経過するたびにダイブしてしまいます。

厚さについては、お使いのシステムによって異なります。たとえば、Powermax45® は 5/16 インチ以上の厚さのエクスパンドメタルを簡単に切断できます。

注意点:作業が終了したら、装置を通常の切断モードに戻すようにします。これを忘れてエクスパンドメタルモードで切断を続けると、ノズルが長持ちしません。